調理師になるためには資格取得が不可欠?

調理師を目指すのであれば専門学校で基礎を学ぶのが好ましいとされています。
なぜかというと、専門学校では現場で働くプロを講師として迎えることが多いので専門的な技術を身につけることができるだけではなく、座学においても法律や歴史など食に関する様々な知識を身につけることができるからです。

厚生労働大臣が定めた養成施設で1年学んで卒業をすれば、資格試験を受けなくても調理師免許を取得することができます。
資格保有者は無資格の人よりも優位に立つことができるので就職先を探す際にも有利になります。
しかし1年学んだからと言って全員が現場で通用することができるほどプロの技を習得できているわけではありませんから、プロから見れば学校を卒業したばかりの人も初心者と大差はないのです。

専門学校は学費が高いので行きたくても行くことができないという人もいますし、社会人となってから調理師を目指し始めるという人もたくさんいます。
そんな人でも試験を受ければ調理師免許を取得することができるのです。

多くの飲食店がキッチンスタッフの求人を出していますが、必ず資格が必要というわけではありません。知識も技術も実務の中で学ぶことができるからです。
とはいえ正統派レストランや多くの人から認められる有名店などは資格保有者であるだけではなくきちんと実務経験も積んだ人でなければ雇ってくれないことも多々あります。

料理に関して初心者だという人でも興味があれば調理の道に入ることはできます。未経験者歓迎を謳っている求人もたくさんあるのでそこを狙うと良いでしょう。
体力仕事ではありますが男性ばかりではなく女性もたくさん働いていますし、入れ替わりも多い職種なので比較的転職がしやすい業種でもあります。

調理師の仕事内容は料理を作ることばかりではありません。
食材の管理や衛生管理はもちろんのこと、メニュー開発なども仕事内容に含まれます。
お店によって料理のレベルもまったく違うので、資格の有無よりも自分が目指すものに合わせたお店選びをすることが重要となります。

調理師の資格取得には実務経験が必要?

調理師免許を取得したいのであれば厚生労働大臣が認めた養成施設で1年学ぶか試験に合格するかの2択しかありません。
学校であれば特に何もしなくても普通に学校に通い、試験を受けて卒業すれば取得できるのですが、自分で試験を受けに行く場合には実務経験が必要となります。

試験を受けるためには実務経験が2年以上なくてはなりません。
実際に働いたお店に実務経験を積んだことを証明する書類を書いてもらい、それを願書と一緒に提出すれば試験は受けることができます。

実務経験と認定されるためには国から許可を得ている施設かどうか、アルバイトやパートとして週4日以上かつ1日6時間以上働いたかどうかなどの条件があります。
ただ飲食店でお皿洗いや接客をしていただけでは実務経験を積んだとは認められないのです。

ちなみに勤務期間や業務内容などを偽った場合には法的措置をとられてしまうので、試験を受ける本人だけではなくお店側も正しい理解をしておかなければなりません。

試験内容は実施される都道府県によって異なります。調理に関する大まかな知識は共通ですが、食材の質や環境などは都道府県によっても異なるのですべてが統一されているわけではないのです。
そのためどの都道府県で試験を受けるのかで難易度は若干異なりますし、その合格率も変わってきます。
平均的に見れば大体6~7割くらいの合格率となっています。

男性であれ女性であれ、調理師に転職をすることは可能です。
しかし資格を保有していない者が調理師を名乗ると法律違反となります。そのため資格を持たない者は調理師見習という扱いになります。
自分は調理師だという肩書きが欲しいのであれば、きちんと試験を受けて免許を取得することが必要条件となります。