歯科助手になるために資格は必要?仕事内容は

歯科助手は女性に大変人気のある仕事です。
歯科助手になるには特別な資格が必要というわけではありませんので、未経験でも仕事をすることが可能です。
しかし、未経験の人よりも多少の経験がある人の方が働く上では有利です。
多少の知識があった方が仕事を覚えるスピードの速さが断然違いますので、資格を持っていないよりは持っていた方が良いものです。
歯科助手は資格は不要ですが、民間の資格というものがあります。

資格の種類としては、認定歯科助手、歯科助手検定、歯科医療事務管理士などがあります。
これらは専門学校に通わず、独学で取得することが可能です。
そのため、現在は資格を持っていなくても、面接の段階で「歯科助手の資格取得の勉強をしている」という意思を伝えることで、仕事に前向きだということをアピールする材料の1つになりえます。

資格不要の仕事ですが、その仕事は多岐に渡ります。
仕事内容は基本的には医師の治療の助手ですが、患者の予約の整理や受付に会計、患者の呼び出しや電話対応、病院内外の清掃などというように、仕事の量は大変多いものです。
また、歯科医院には小さな子供やお年寄りまで様々な年齢の人が来院します。
そのため、事務的な対応ではなく臨機応変な接客も必要とされますので、歯科だけでなく保育の資格や介護の知識を有しているという人にとっては、やりやすい仕事とも言えます。

女性に人気の仕事という理由の1つに、女性、特に主婦にとってのメリットが多いという点が挙げられます。
まず、歯科医院は午前と午後の診療の間の休憩が長いところもありますので、その間に家の用事や子供の送り迎えなどを済ませることが可能です。
また、休みがカレンダー通りというところも利点です。
毎週木曜と土曜の午後は休診という医院も多数ありますので、家族の予定に合わせやすいという点も人気がある理由の1つです。

仕事内容は大変多いものですが、拘束時間が短いので、自分の時間を沢山持てる点が一番のメリットと言えます。

歯科助手の試験内容について

歯科助手の試験は実技はなく筆記試験のみの合格率も比較的高いものですので、独学で取得することが可能です。
試験内容は各民間の資格によって異なり、主に次の団体が行っています。

まず、技能認定振興協会が行っている「歯科医療事務管理士(R)技能認定制度」は、テキストを見ながら受験することができる試験です。
受験資格は特にありませんし、試験内容はテキストを見れば答えを導き出すことが可能ですし年6回実施されますので、合格しやすい試験だと言えます。
試験は最寄りの受験会場で行われますが、ユーキャン等の歯科助手講座を受講すると、在宅受験が可能です。

次に、日本歯科助手検定協会が実施している「歯科助手検定試験」というものがあります。
この試験は年1回しか行われていません。受験資格は特にありませんが飛び級受験ができませんので、3級から順番に受験しなければなりません。
資格取得の面から見れば一発勝負的なところもありますので、試験に備えて万全の状態で臨みたいものです。

また、全国医療技能検定協議会が実施している「歯科医療事務検定試験」というものもあります。
先の歯科助手検定試験同様、3級から1級まであり、受験資格も特にありません。
試験の実施日等は協会に問い合わせをして確認をしなければなりません。
比較的合格率も高めの資格ですので、独学で勉強して合格することが一番の近道です。
勉強の仕方がわからないという人や学ぶ時間が沢山持てるという人は、試験を受けずにヒューマンアカデミーの講座を受けて、課題を提出して合格をもらって取得することができる資格や、決まった期間の講習を受けて修了することで歯科助手の資格を得ることができる講座もあります。